気になる!不動産×デジタルにまつわるニュース | 2022年2~3月

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる!不動産×デジタルにまつわるニュース | 2022年2~3月
こんにちは。
「カナリー」運営の株式会社BluAge(ブルーエイジ)でございます。

今回は、「2~3月の繁忙期、不動産×デジタルにまつわる気になるニュース」をピックアップいたしました。

弊社からもいくつかプレスリリースをお出しさせて頂いておりますので、併せてご紹介させていただきます!
ぜひご覧いただけましたら幸いです🙇‍♂️

都市型賃貸レジデンス「コンフォリア」が置き配対応に。東急不動産とライナフがオートロックマンションにおける安全な置き配の実現に向けて連携

仲介会社の皆さまは、何度も内見でご案内されたこともあるのではないでしょうか。
東急不動産の展開する賃貸シリーズ「コンフォリア」において、不動産テック企業であるライナフ社のシステムを導入し、「置き配」が可能になったというニュースです。


新型コロナウイルスがまん延する中、在宅が増えたことで宅配物の総量は増加し続けており、マンションに設置した宅配BOXが満杯になるケースがみられます。さらに、コロナ禍による非対面・非接触で受け取れる「置き配」を求める入居者様の声も増加しています。今回、ライナフの置き配「置き配 with Linough」をマンションに導入することで、安全でスムーズな荷物の受け渡しを実現します。

- PRTIMES 都市型賃貸レジデンス「コンフォリア」が置き配対応に。東急不動産とライナフがオートロックマンションにおける安全な置き配の実現に向けて連携


 


宅配ボックスがあるマンション・アパートの場合でも、数が不足したり、上記記事のように満杯になったりというケースが増えているようです。ライナフ社の提供するシステムでは、各宅配会社のドライバーのみが一時的にオートロックを開錠できるということで、安全に置き配を実施できるということです。
今後このような取り組みが更に広がっていくのが楽しみですね!👀


【2022年賃貸業界繁忙期速報】好調企業、オンライン仲介増5割

全国賃貸住宅新聞が実施している「2022年賃貸業界繁忙期速報」より、1つピックアップしてご紹介です。この特集では、全国の賃貸仲介会社より成約動向を分析し、会社や市場の特徴・共通点を探るというものです。
本記事では、アンケートの結果について「好調グループ」「不調グループ」の2つに分け、回答を分析しています。

成約が増加・大幅に増加と回答した「好調グループ(以下、好調G)」と減少・大幅に減少した「不調グループ(以下、不調G)」で比較して分析してみよう。「オンライン内見・仲介」の利用件数の増減を聞いたところ、好調Gでは「増加」が53.7%を占めた(グラフ3)。一方、不調Gでは34.4%にとどまり(グラフ4)、19.3ポイントの差が出た。

グラフ5のITサービスの導入率で比較していくと、「IT重要事項説明」は好調Gが74.2%に対し、不調Gが65.5%と8.7ポイント差。次いで導入率の高い「VRやリモートによる内見」では、好調Gが53%に対し、不調Gが46.7%で6.3ポイント差だった。「ビデオ通話システム」で好調Gが28.7%、不調Gが19.6%と9.1ポイント差と、内見から成約に至るまでの一連のIT導入率の違いが、成約件数の増減に影響を与えているようだ。

- 全国賃貸住宅新聞 【2022年賃貸業界繁忙期速報】好調企業、オンライン仲介増5割

 


詳細にご興味のある方は、詳細からグラフも併せてご覧ください。
コロナ禍の影響もあってか、実際に部屋探しをするユーザーからすると、デジタルをいかに積極的に取り入れているかどうかが 不動産会社を選ぶポイントになりつつあるのかもしれません。

ちなみに当社 BluAgeでは、そんな不動産会社さまのデジタル化を支援する事業を展開しています!
ぜひ「カナリー(CANARY)」はじめ、ご興味がある方は ぜひ一度お話をさせて頂けましたら幸いです🙏
▶ 不動産会社向け「カナリー」ご紹介ページはこちら

アンビション、賃貸DX店舗を出店

上記ニュースのように、デジタルを積極的に取り入れる不動産会社が好調な中で、弊社の「カナリー(CANARY)」にも掲載をいただいている アンビション・エージェンシー様は、4月1日に「DX(デジタルトランスフォーメーション)店舗」となる「ルームピア上野御徒町店」を出店予定ということです。

 今春オープンするルームピア上野御徒町店は、オンライン接客や契約、VRなどを活用した内見ができるモデル店舗として運営する。また、非接触で顧客の呼び込みが行えるデジタルサイネージの採用、複合機を設けないペーパレス化など仲介業務のDXを図る。

全国賃貸住宅新聞 アンビション、賃貸DX店舗を出店

 


以前、アンビション・エージェンシーの事業戦略責任者の方へ 「カナリー(CANARY)」導入事例インタビューをさせていただいたことがあります。

▶ 導入事例インタビューはこちら


実際にその中でも「コロナ禍において、オンライン接客・オンライン内見が増加した」と仰っており、元々デジタルを積極的に取り入れている店舗でいらっしゃいました。今回の新店舗では、更にデジタル化を押し出したコンセプトとなりそうです…!

お部屋探しプラットフォーム「カナリー」が、連動可能コンバーターを広げる

さて、最後に当社ニュースも少しだけご紹介させてください!🙇‍♂️
今年に入ってから、当社の運営する部屋探しプラットフォーム「カナリー(CANARY)」の連動可能コンバーターが追加されました!

従前より、下記コンバーター・システムに対応しております。

■ いえらぶCLOUD https://ielove-cloud.jp/
■ ADmaster https://reblo.jp/partner/admaster/
■ みらいえ https://miraie-net.com/
■ キマRoom! https://intro.kimaroom.jp/

最近では、下記のコンバーター・システムの追加が決定しております!

■ リアプロ管理 https://www.rnp.jp/
■ ミオキューブ https://www.miosoft.co.jp/
■ 3之助CLOUD https://3nosuke.jp/

プレスリリースも配信させていただいております✨
お部屋探しプラットフォーム「カナリー」が、不動産業者間流通サイト「リアプロ」と連携。タイムリーな物件情報の更新を実現
お部屋探しプラットフォーム「カナリー」が、賃貸仲介営業支援システム「ミオキューブ」と連携開始 「ミオキューブ」に登録された物件を、ワンクリックで「カナリー」に掲載可能に
お部屋探しプラットフォーム「カナリー」が、物件情報一括入稿システム「3之助CLOUD」と連動開始。仲介会社の集客強化と業務効率化に貢献 「3之助CLOUD」登録物件をワンクリックで「カナリー」へ掲載可能に

今後とも、より多くの方にご掲載いただけるよう、対応システム・コンバーターの幅を広げていく所存でございます!
今回の追加コンバーターをご利用中の不動産会社様は、この機会にご導入も検討いただけましたら幸いです😀

*ちなみに、ご利用中のコンバーターが未対応でも、csv連携など 別途掲載方法についてはご相談できることがございます。ぜひお気軽にご相談ください◎



さて 弊社 BluAge(ブルーエイジ)では、不動産会社様の成約数向上やデジタル化を支援すべく、様々な事業を展開しています。

運営しているポータル「CANARY(カナリー)」は、アプリに特化した急成長ポータルです✨
不動産会社様からすると、同時問合せの起きにくい仕組みによって、競合が少ない状態で、じっくりと追客できる環境をご提供します。
▶ 資料請求(30秒でダウンロードできます!)

その他、皆さまのお困りごとにお応えできるよう、引き続きサポートしていければと存じます。
オンラインやお電話でもご相談を受け付けておりますので、いつでもお問い合わせください。
▶ お問い合わせフォーム


カナリーの新規掲載を受け付けております!

👉カナリーへ掲載をご検討の不動産会社様はこちら
👉お電話のお問い合わせも受付しています 050-3196-3346 (営業時間 平日9:30~18:30)



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

お問い合わせ

会社やサービスに関する内容は、
こちらよりお問い合わせください。